【まとめ】甘いだけが恋愛じゃない!胸に刺さる大人の恋愛映画紹介

【まとめ】甘いだけが恋愛じゃない!胸に刺さる大人の恋愛映画紹介

恋愛映画は好きでも、年をとるにつれてキラキラしたラブコメに共感できなくなっていく人も多いはず。

自分ももうアラサーなので、そういうあまーい恋愛映画はちょっと胃もたれするようになってしまいました。。。

ラブラブ、イチャイチャしてるだけの恋愛映画にはウンザリ!今回はそんな大人に向けたおすすめの深い恋愛映画を紹介します!

おすすめ作品

ブルーバレンタイン【監督:デレク・シアンフランス】

夢や希望にあふれていた過去と現在を交錯させ、2人の愛の変遷を描くラブストーリー。ラブラブの時期とギスギスした時期を交互に見せられるのはメンタルに相当な負担がかかる。どちらもも悪くないし、どちらも悪い。他人と一緒に生きるというのは本当に難しいのを実感。

ビフォア・ミッドナイト【監督:リチャード・リンクレイター】

大人の恋愛映画の金字塔といえばこれ!『ビフォア・サンライズ』から18年、『ビフォア・サンセット』から9年が経ち、40代になった二人の倦怠や焦燥、いわゆる中年の危機が描かれる。前2作での運命的な恋愛からここまで変わるとは。でもやっぱり最後は素敵なんだよなあ。

愛を読むひと【監督:スティーブン・ダルドリー】

少年の頃に恋した年上女性がナチスの戦犯として投獄される。彼女を救うことは彼女を裏切ることでもあり、苦悩を抱えたまま過ごすこととなる。罪や苦しみと誠実に向き合う重く深い恋愛映画。

ファントム・スレッド【監督:ポール・トーマス・アンダーソン】

オートクチュールの仕立て屋とウエイトレスの運命的な出会い。そして純愛からの愛のマウント合戦に移行し、最終的にはある種の変態プレイに発展。愛の形はひとそれぞれ。まさにオートクチュールな愛のかたち。

バッファロー’66【監督:ビンセント・ギャロ】

刑務所帰りの男とゆきずりの少女の奇妙な恋愛をエキセントリックな演出で描く異色の恋愛映画。一部の映画ファンからカルト的な支持を得ている不思議な作品。クリスティナ・リッチはまじ天使。

ひとこと感想

一癖も二癖もある恋愛映画が揃いました。形はそれぞれですが、やっぱり恋愛映画はいいですよね!

こういう恋愛映画ばかり観てると、今度は逆にラブコメが観たくなって無限ループに陥るのが問題です。。。

旧作を観るなら動画配信サービスがおすすめ!

【徹底比較】映画好きのためのおすすめ動画配信サービス紹介

映画紹介カテゴリの最新記事