2018年年間ベストアルバム

2018年年間ベストアルバム

2018年も終了ということで、年間のベストアルバムを紹介します。

聴いた母数が大したことない上に、例によって偏りまくりですが、誰かしらの参考になれば幸いです。

2018年ベストアルバム

第1位:Soccer Mommy『Clean』

最高。全編を通じて儚い空気が流れているのがツボ。文句なしのベストアルバム。詳しい感想はこちら

ベストトラック:「Cool」

第2位:Hop Along『Bark Your Head Off, Dog』

今作で初めて知ったバンドなのだけど、これまた良い。軽やかなのにエモい。

ベストトラック:「How Simple」

第3位:Snail Mail『Lush』

オルタナロック界の救世主。10月の来日公演では若さが溢れていた。詳しい感想はこちら

ベストトラック:「Pristine」

第4位:Courtney Barnett『Tell Me How You Really Feel』

地味ながらも名盤。いぶし銀の中に光る珠玉のメロディー。詳しい感想はこちら

ベストトラック:「City Looks Pretty」

第5位:ROTH BART BARON『HEX』

今年の邦楽で一番刺さった。Bon Iverの『22, A Million』を彷彿とさせる音像。

ベストトラック:「HEX」

第6位:Pinegrove『Skylight』

なんだかいろいろあったみたいだけど、楽曲はすこぶる良い。PVがないのは不祥事の影響か。

ベストトラック:「Rings」(※動画なし)

第7位:Lucy Dacus『Historian』

ちょっと地味目な女性SSWかと思いきや、楽曲は思いの外ドラマチックな展開が多くてびっくり。

ベストトラック:「Night Shift」

第8位:Now, Now『Saved』

従前のギターロックからより今風でポップなサウンドに。若者にもウケそう。

ベストトラック:「SGL」

第9位:Miya Folick『Premonitions』

顔面ドアップのジャケットに惹かれて聴いてみたら、これはなかなかの掘り出し物。

ベストトラック:「Thingamajig」

第10位:Mitski『Be the Cowboy』

今年のインディロックの台風の目となったのは間違いなく彼女。非の打ち所がない名盤。

ベストトラック:「Nobody」

音楽紹介カテゴリの最新記事