【発表】2018年上半期ベスト映画

【発表】2018年上半期ベスト映画

2018年もいつの間にか半分が過ぎてたということで、上半期に公開された映画の個人的なランキングを発表します。

今年も去年に負けず劣らず本当にいい映画が多い気がします。観逃した作品も多いのですが、すでに年間ベストにあげてもおかしくない作品がずらりと。豊作。

2018年上半期ベスト映画

第1位:スリー・ビルボード

アカデミー賞総ナメでもおかしくない出来でした。作品賞と脚本賞もらえなかったのが不思議なくらい。

第2位:ビューティフル・デイ

衝撃作。こんなクールな映像表現が今までにあっただろうか。詳しい感想はこちら

第3位:犬ヶ島

猫派の自分が犬派に寝返りかけるレベルで最高。ウェス・アンダーソンは天才。

第4位:レディ・バード

青春映画史に残るニューヒロイン誕生。詳しい感想はこちら

第5位:シェイプ・オブ・ウォーター

大人の恋愛映画。怪物が出てるからといって、特撮映画の感覚で子供と一緒に観てはいけない。

次点:レディ・プレイヤー1

おれはガンダムで行く!詳しい感想はこちら

映画紹介カテゴリの最新記事