【発表】2017年年間ベスト映画

【発表】2017年年間ベスト映画

少し前に2018年上半期のベスト映画を掲載したのですが、よくよく考えると2018年の映画を今紹介されても、上映が終わってるので、もし気になったとしてもしばらく観れないではありませんか!

ということで、今さらながら2017年の年間ベストを掲載します。レンタルなどでの参考になれば幸いです。

2017年年間ベスト映画

第1位:マンチェスター・バイ・ザ・シー

喪失と再生の物語をここまで真摯に、丁寧に描いた映画は過去に例がない。人生ベスト級。

第2位:パターソン

パターソンという街に住むパターソンという男の、いつもと変わらない1週間。なのにこんなに面白いのはなぜ。

第3位:ベイビー・ドライバー

音楽と映像の融合はネクストレベルに。超スタイリッシュ。

第4位:ノクターナル・アニマルズ

いろんな角度からメンタルをやられる。トム・フォードの美的センスも際立っている。

第5位:はじまりへの旅

家族ものでロードムービーとか好物でしかない。2010年代の「リトル・ミス・サンシャイン」。

第6位:女神の見えざる手

エンターテイメントとしての完成度が抜群。主役がやり手な映画はストレスがなくて好き。

第7位:メッセージ

ケチの付けどころが見当たらない上質なSF。設定から小道具まで、隙なし。

第8位:ラ・ラ・ランド

みんな大好きラ・ラ・ランド。オープニングのミュージカルシーンからもう最高。

第9位:gifted ギフテッド

またもや新しい天才子役の誕生。こっちは2010年代の「アイ・アム・サム」とでも言うべきか。

第10位:T2 トレインスポッティング

前作から20年後を同じキャストで。”ノーモアカトリック!”のシーンでの悪童いまだ健在感は思わず笑う。

次点:わたしは、ダニエル・ブレイク

社会派監督による良質な社会派映画。真面目なテーマだけど全然退屈しないのはさすが。

映画紹介カテゴリの最新記事