【感想】ボーダーライン ソルジャーズ・デイ(2018年)

【感想】ボーダーライン ソルジャーズ・デイ(2018年)

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ(原題:Sicario: Day of the Soldado)

ポスター画像

あらすじ

アメリカで市民15人が命を失う自爆テロ事件が発生した。犯人がメキシコ経由で不法入国したとの疑いをかけた政府から任務を命じられたCIA特別捜査官マットは、カルテルに家族を殺された過去を持つ暗殺者アレハンドロに協力を依頼。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、メキシコ国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテル同士の争いへと発展させる任務を極秘裏に遂行するが……。(映画.comから)

スタッフ

監督 ステファノ・ソッリマ
製作 ベイジル・イバニク、エドワード・L・マクドネル、モリー・スミス、サッド・ラッキンビル、トレント・ラッキンビル
製作総指揮 エレン・H・シュワルツ、リチャード・ミドルトン、エリカ・リー
脚本 テイラー・シェリダン
撮影 ダリウス・ウォルスキー
美術 ケビン・カバナー
衣装 デボラ・L・スコット
編集 マシュー・ニューマン
音楽 ヒドゥル・グドナドッティル
特殊効果監修 マイケル・マイナダス

キャスト

ベニチオ・デル・トロ:アレハンドロ
ジョシュ・ブローリン:マット・グレイヴァー
イザベラ・モナー:イザベル・レイエス
マシュー・モディーン:ジェームズ・ライリー
キャサリン・キーナー:シンシア・フォード
ジェフリー・ドノバン:スティーヴ・フォーシング
イライジャ・ロドリゲス:ミゲル・エルナンデス
マヌエル・ガルシア=ルルフォ:ギャロ
デビッド・カスタニーダ:ヘクター

予告編

感想・レビュー(ネタバレあり)

本作に関しては、前作『ボーダーライン』が緊張感の半端ない名作だったので、続編制作の発表当初から気になっていて。ただ、監督がドゥニ・ビルヌーブ監督からステファノ・ソッリマ監督に変更になったということで、不安も大きかったり。予告編を見る限り、これはこれで面白そうだったので、なんばパークスシネマで観賞してきましたよ。

さて内容はというと、前作がFBIの女性捜査官ケイトからの視点で進行したのに対して、今作ではベニチオ・デル・トロが演じる”嘆きの検察官”ことアレハンドロが主役。また、ジョシュ・ブローリン演じるCIA特別捜査官マットも前作に比べて出番が増えまくり。ケイトの出番はなしということで、存分にいぶし銀のおっさん二人を堪能できます。

前作で印象に残った、倫理もクソもないキャラクターの行動原理は今作でも健在でにっこり。というか、ある意味では観客の代弁者でもあったケイトが物語から退場したことでストッパーがいなくなり、おっさん達やりたい放題。「水攻めは拷問ができないとき用なので、ここでは必要ないゾ!」みたいなマットの楽しそうな台詞だけでご飯三杯は食べれそう。

前作からの最も大きな違いは、妻や娘を麻薬カルテルに殺されたことで復讐に燃えていたアレハンドロが、麻薬カルテルのボスの娘と二人で逃避行?みたいな展開になるので、メロドラマ感が強めになっていること。多少なりともアレハンドロの内面が描かれるので、良くも悪くもといったところではあるかも。個人的には、前作の得体の知れない男な感じが好きだったので、あんまりそういう一面を見たくなかったなあという気もします。ただ、マットとの、細かいことを話さなくてもお互いに察する信頼関係的な描写は大好物だったり。

評価

管理人の評価:★★★☆(3.7/5.0)

全体的に前作より戦闘が多めで派手さを増した感じで、銃撃戦とかが好きなら単純に楽しい。ヒリヒリした空気は少し後退したけれど、これはこれでアリ。前作からの登場人物が魅力的なので、人物をもっと掘り下げて見てみたかったという人にはオススメ。個人的には、どちらかといえば前作の方が好きだけど、その辺は好みの問題。

 

↓最高だった前作。この作品を観てからメキシコには死んでも行かないと誓った。

映画感想カテゴリの最新記事